中国人観光客対策、

ウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)

決済システム

加盟店募集

リマープロ 通話無料 0120-015150
決済システムウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)の導入なら!加盟店大募集。
まだまだ増加する中国人観光客の取り込みツールとして中国向けインバウンド決済「ウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)」を導入しませんか。
リマープロなら店頭でもホームページ上でもウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)の決済機能をご提供いたします。

ウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)PDFファイル
中国人観光客対策、ウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)の導入なら!加盟店大募集

ウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)とは?
ウィチャットは中国版LINEとも言える中国でもっとも利用されているSNSで、 2011年に決済システム「ウィチャットペイ」をリリースし、 現在では
・約8億3000万人が利用する決済システム
となりました。 元々は中国国内向けのサービスでしたが、 今では中国国外の人たちも利用する決済システムとなっています。
ウェブ決済にも対応!
ウィチャットペイならウェブ決済にも対応!。 観光で来日した中国人だけでなく、中国にいる中国人からのネットでの受注も狙えます。
 ・化粧品や食品など各種商品製造メーカー。
 ・ネットショップ、Eコマース事業者。
 ・ホテルやダイビングショップの事前予約支払。
などの事業者のホームページ上でのウィチャットペイのスマート決済により中国向けの越境ビジネスが展開可能です。
導入費用は?
例えばスマホやiPadをお持ちでしたら、それにアプリをインストールする事で店舗として利用が可能になりますので、
・初期費用:なし。
・月額費用:なし。
で導入する事が可能です。
クレジットカードのように決済金額に応じたパーセンテージが手数料としてかかります。 かかる手数料としてはそれだけですので非常に導入しやすい決済システムです。
※ウェブ決済に導入する場合は「システム導入費」が初期費用としてかかります。
クレジットカードとどう違う?
クレジットカードはカード保持者の信用度に応じて利用上限額が決められており、 例えば利用者の銀行口座に預金がなくても、利用限度額が100万円と設定されていれば 100万円まで決済できてしまいますが、 ウィチャットペイは「デビットカード」の仕組みを採用しているので、 銀行口座にある残高以上は支払う事ができないため利用者にとっても店舗にとっても 比較的安心な決済システムと言えます。

また、クレジットカードは一旦店員にカードを渡して専用の機械を通してクレジットカード会社のシステムに参照するため、 一瞬なり、一時なりクレジットカードが持ち主の手を離れることになりますが、 ウィチャットペイ支払者はQRコードのスキャンだけで支払いができるので
・一瞬たりともスマホを手離すことなく決済が完了する。
ため、スマホの盗難などのリスクが少なく、お店側もごまかすことができないのでカードに比べ、
・トラブルの抑制
にもなります。
売上はいつ精算される?
利用金額の精算タイミングは、
・毎月15日と月末の2回。
利用金額の合計が一定額を超えていれば指定の銀行口座に手数料を引いた金額が支払われます。 月一回精算の一般的な決済システムよりお金の回転が早いのもウィチャットペイが支持される一つの要因です。
集客アップの根拠は?
ウィチャットペイは中国では宿泊施設やコンビニ、デパート、タクシー、公共料金に至るまで浸透しており、 特に日本人が驚くのはバイクや自転車で引っ張っているような屋台や露店の饅頭屋などでも利用できるという点です。 中国の屋台や露店でウィチャットペイが広く利用されている理由は簡単で、 忙しいお昼時など、現金で支払いをされると、お釣りのやりとりが発生して、
・釣銭間違い。
・釣銭切れ。
・釣銭を渡す時に落としてしまう。
などの問題が発生しますが、ウィチャットペイだとスキャンをするだけなのでそういった問題が発生しません。 また、釣銭のやり取りがない分、
・時間短縮が実現できている。
というのも屋台などで支持された理由です。
また、ウィチャットペイだと販売記録が残るのでお店が閉店になった後の、
・売り上げの集計。
の手間が無くなる事もあり、今では、
・現金お断り、モバイル決済のみ受け付け。
というお店もでてきています。

あと、外国旅行を考えると、逆に日本人の場合でも同じですが、 基本的には入国する先の国の通貨に自国通貨を両替して支払いに充てるのですが、 例えば3万円を両替して海外で過ごす場合、 あまり大きな金額の買い物は残りの滞在費などを考えると使いにくくなってしまいます。 そんな時、ウィチャットペイでの精算ができると、残りの滞在費は現金で持ち合わせたまま 買い物ができるので、
・比較的財布のひもが緩む。
事が想定されます。

さらに現金の両替は中国元から日本円に両替する際に、
・両替手数料が発生。
し、帰国した際に残った日本円を中国元に戻す際に、
・両替手数料が発生。
となりますが、利用者からするとウィチャットペイだと両替手数料がかからないというメリットがあり、 それもウィチャットペイ導入店が支持される要因となっています。

日本に旅行に来て、一度も両替をせずウィチャットペイだけで日本滞在を過ごしたという人もいるくらいです。

そういう旅行者からするとウィチャットペイ決済のできないお店は消費の対象外となるわけです。
いつ導入した方がいい?
中国ではSNS「ウェイボー(微博)」での口コミが非常に発達しており、旅行の情報などは何よりSNSから収集しています。 つまり
・「○○店はとてもお薦め。」
とか
・「○○店はウィチャットペイで決済ができるよ。」
といった情報は今この瞬間も流されているので、 そういったお店はSNS上で
・毎日宣伝され情報が拡散されて行っている状態。
と言えます。導入時期は早い方がいいと言えるのではないでしょうか。

[お問い合わせはこちらから]

[アリペイ導入はこちらへ]

記:株式会社リマープロ 陳錦


ホームページ制作/web製作のことならリマープロにご相談下さい。見積無料

お問合せ
リマープロに関するお問い合わせは…
ホームページ制作(web製作)の事なら全国どこからでも通話無料 0120-015150 にお電話下さい。
までお電話下さい。
メールでのお問い合わせは all@remar.co.jp 宛にメールフォームからどうぞ。
中国人観光客対策、

ウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)

決済システム

加盟店募集

リマープロ
[ページトップへ]